マニフェスト評価

Ⅱ 市長1期目のマニフェストはどれだけ達成できたのか?

 

(1)市長マニフェスト事業が含まれる第5次総合計画の各分野で目指す「4年後のまち」の進捗状況 (外部委員による第3者評価:平成29年度末)

十分に実現されている                    3

概ね実現されている                       80

ある程度実現されている                34

あまり実現されていない                 0

全く実現されていない                     0

 

(2)市長マニフェスト進捗状況一覧

(生駒市役所担当課による内部評価:平成30年9月末時点)

A 達成済み又は実施済みのもの                71

B 順調に取組を進めているもの               33

C 事業の検討や計画を開始したもの         8

D 着手していないもの                               0

 

<C評価を受けた項目>

  • 市立病院などでの病児保育の拡充
  • 樹林地バンク制度の活用(4年で2か所)
  • 北大和グラウンド跡地の低炭素まちづくり事業の推進
  • 辻町ICの奈良方面ランプの整備に関し、奈良県と連携し着実に推進
  • 新規就農者への支援制度を拡充(平成30年度までに8人誘致、遊休農地を7.5ヘクタール解消)
  • 生駒のスイーツ専門店、いこまのお土産企画などと連動したストーリーのある特産品づくりと、そのために必要な生駒ならではの農作物や果樹の栽培(空き農地の活用)
  • 食品残さのメタン発酵による発電・熱供給や農作物の栽培への活用、学校や農業への還元などの循環システムの具体的な在り方を検討
  • 市民自治協議会への市役所職員の派遣(市民自治協議会の活性化と現場での職員育成)